相談の受付再開しました!詳しくはこちら≫

【準備物編】発達が遅い子のトイトレの記録。おまるやご褒美シールは必要ありませんでした

【準備物編】発達が遅い子のトイトレの記録。おまるやご褒美シールは必要ありませんでした
sonic

sonic

こんにちは!2児のママやってますsonicです。

赤ちゃんの頃から発達がゆっくりだった息子(現在5歳)ですが、最近どうやら平均に追いついた様子。

特にオムツは3歳半の時点で昼だけでなく夜も外れるようになったので、トイレトレーニングが完了しました!

sonic

sonic

オムツ代がかからなくなって嬉しい~♡

ただ、お子さんのトイトレが初めてというご家庭や、発達がゆっくりな子

そこで今回は、我が家がトイトレを開始するにあたって

  • 準備したもの
  • 不要だったもの

などを紹介します。

なお、こちらの記事(↓)では、トイトレの取り組み方を時系列でまとめていますので、参考までにどうぞ♡

関連記事:【記録編】発達が遅い子のトイトレ。入園前までに昼・夜のオムツを完全卒業できた話

トイトレで用意してよかったものは補助便座や布パンツ

トイレトレーニング(通称トイトレ)といえば、トレパンや補助便座、そしてご褒美シールetc.

いろいろ揃えると結構出費がかさむんですよね~。ただ、そのアイテムを使うことでトイトレが成功するならまだしも…

失敗したらショックすぎるでしょ!

ということで、まずは我が家が実際に使ってみたアイテムをご紹介したいと思います。

  • サイズ90の布パンツ(注:トレーニングパンツではない
  • 幼児用便座(家庭用)
  • 踏み台
  • 幼児用便座(携帯用)
  • 大きめのブルーシート
  • 防水シーツ(おねしょ対策)
  • 汚されてもいいお布団(笑)
  • 記録用紙(うちは携帯アプリ)

サイズ90の布パンツ

うちはトレーニングパンツではなく、最初から布パンツでした。

トレーニングパンツ(通称トレパン)って、

  • 漏らされてもあまり染みてこないからいい!という賛成派
  • 乾きにくいからいらないという不要派

に分かれますよね。

うちの経験から言うと、トレーニングパンツがなくて大変だったことはないです!

そもそも、どうせすぐに布パンツに移行するのだから、布パンツを買いそろえればいいと思いませんか?

sonic

sonic

実際にこの読みはあたり、トイトレ開始~昼のオムツが外れるまでの1ヶ月で布パンツへ移行しました。

ただしトイトレ期間中にはオムツの枚数が必要なのは確か!

うちは買い足して買い足して…結局、最終的には10枚買いました。でも10枚必要だったのは一瞬で、5枚あれば洗濯のローテーションはまわる結果になったんですけどね。

sonic

sonic

ちなみに我が家は最近ガス衣類乾燥機の乾太くんを導入したのですが、ホントに一瞬で乾きます。マジで買ってよかった家電NO.1です♡

こういった衣類乾燥機やドラム式洗濯乾燥機をご利用の方は、10枚も必要ないかもしれないので、まずは様子見がいいかもしれません。

ちなみに、夏以外の季節にトイトレを開始する場合は、店頭にサイズ80や90の布パンツを見つけたときに早めに買っておいた方がいいですよ!

実はサイズ80や90の布パンツって、トイトレのシーズンオフ(?)には意外と売っていなかったりします。トレパンなら通年で店頭に並んでいるし、サイズがもっと大きいサイズであれば全然心配はいらないですけどね。

また、購入する布パンツのサイズですが、Tシャツを110センチのサイズを着るようになった今でもまだサイズ90のパンツをはけています。

ということで、パンツは小さめでもいいかもしれないですね。

リッチェルの補助便座はトイトレに欠かせない神アイテム

うちはリッチェルの幼児用便座です。

前に手すりがついてまたいで座る、よくあるタイプの補助便座は座らせづらいので、この補助便座のようなタイプで正解だったなあと思います。

sonic

sonic

ってか、今はホワイトとかピンクのカラーも出ているんですね!こっちもカワイイ~♡(我が家はオレンジでした。かなり存在感あります(笑)

足が床に届かない幼児には、踏み台も必須アイテム!

踏み台は必須アイテムです!!

特に最初は便座に座るのが怖い~(泣)というので、足がつくのは安心するようですね。あとはうんちをするとき踏み台がないと踏ん張れないので、踏み台は絶対にあった方がいいですよ。

あ、でも全部買いそろえると高くつくなーという方!うちは踏み台を牛乳パックで作りました。

トイレの踏み台

作り方はこちらの記事(↓)で詳しく解説しています。

関連記事:【画像付き】牛乳パックで踏み台の作り方。トイレトレーニングや手洗いに便利【簡単DIY】

幼児用便座(携帯用)

外出した時用の折り畳み式の補助便座です。

おでかけ先に幼児用の補助便座があればいいのですが、まだトイトレ初期~中期だと(大人の便座に座るのが怖いみたいで)「座る」「座らない」の押し問答をした末に…

漏らされるという!!

まさに悲劇…!!(泣)

この折り畳み式の補助便座は結局1ヶ月くらいしか使いませんでしたが、やっぱり買っておいてよかったです。

(男の子なので)今では立ちションできるようになりました。そのためしばらくはこの折り畳み式の補助便座を使わなくなりましたけどね。

しかし現在は下の子のトイトレを行うようになり、この携帯用の補助便座、

再び活躍する日がやって参りました!!

というのも、使用する場所は2Fのトイレ。

2Fのトイレは寝る前にしか使用しないので、リッチェルの補助便座を買い足すほどでもないけれど~という状況において、大活躍してくれています。

sonic

sonic

なんだ、やっぱり折り畳み式の補助便座も買っておいて良かったじゃん。

大きめのブルーシート

家じゅうで漏らされてもいいように、カーペットやお布団にかぶせておきました。カーペットを簡単に撤去できる方はいらないです。

防水シーツ

おねしょ対策で必要です。子どもは寝相が悪く、あっちこっちゴロゴロ移動しながら寝るので、大きめサイズがいいかもしれません。

ちなみにうちは夜のオムツはずしをする直前に購入しましたが、トイトレ中に布パンツをはかせたままお昼寝してしまった!ということはよくあるので、最初から購入してもいいかも?

汚されてもいいお布団

防水シーツを敷くお布団は、汚されてもいいお布団です(笑)防水シーツを敷いても濡れちゃった!ということもあるので、高級お布団だとママの精神衛生上よくないです。

記録用紙(またはアプリ)

アプリで管理

トイトレを始めようかなと思ったら、まずおしっこの間隔をメモするといいです。うちは育児アプリをつけていたので、そちらに記入しました。

よく2時間あいたらトイトレ開始!といいますが、トイトレ開始時は2時間あくときもあれば30分で濡れちゃうことも。

でも2時間も間隔があくのを待っていたら…

いつまでも始められない~!!

トイトレをやっていく上でだんだんおしっこを溜めることができるようになります。少し間隔があくならばトイトレを開始してもいいのではないかと思います。

ちなみにメモするのはメモ用紙でもいいけれど、私の記録方法はアプリ派。こちらの記事(↓)では、私が使用している育児アプリについて書いています。

関連記事:育児記録のつけ方。ズボラでも続いた記録のつけ方を紹介します

sonic

sonic

ここまではトイトレで必須だったアイテムを紹介して参りましたが、次の章では「やっぱり不要だったもの」を紹介したいと思います。

用意しなかったけれど、やっぱりいらなかったもの

よく「トイトレでは必要だよね」といわれているアイテムですが、やっぱりいらなかったものがこちら(↓)です。

  • おまる
  • トレーニングパンツ
  • ご褒美シール

おまる

うちの家はあまり広くないので、リビングからトイレまではすぐそこ。おまるは用意せず、最初からトイレへ行かせていました。

トレーニングパンツ(トレパン)

トレーニングパンツは層になっている部分が乾きにくいのと、最初から布パンツを用意していたので買いませんでした。

トレパンは必要派と不要派にわかれると思いますが、うちは買わなくてよかったです。

ご褒美シール

うちは当時シールがあまり好きではなかったので(笑)ご褒美シールやトイレを明るく装飾などは一切していません。なくてもいける子はいけます。

まとめ

トイトレって必要なものを結構買い揃えないといけないじゃないですか。うちもトイトレ開始前、失敗したくないからもちろんいろいろ検索しまくってました。

トイトレは

sonic

sonic

発達がゆっくりなマイペースちゃんでも必ずオムツは外れると信じて!!

うちのトイトレの記録、是非参考になれば嬉しいです!

関連記事

1 件のコメント