プレ幼稚園に行かせるなんてかわいそう?1年通わせて感じたメリットと唯一のデメリット

幼稚園のイメージ

こんにちは。sonic(@sonic_38)です。

我が家は3歳になる息子がいますが、この1年間母子分離型のプレ幼稚園へ通っていました。

この1年間通わせて感じたメリットとデメリット、そして親世代からよく聞かれる専業主婦なのに預けるなんてかわいそうという批判をどう考えたのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

プレ幼稚園って何?

幼稚園で読み聞かせている様子

最近メジャーになってきたのがプレ幼稚園。幼稚園は年少から入園できますが、年少より前から幼稚園での生活に慣れたり、園の雰囲気を知るために通わせたりします。

また、年少以降の入園優先権をgetするために通わせることも多いです。←うちもそうでした。

今は少子化の時代。幼稚園なんて簡単に入れそうだなんて思いませんか?

いいえ!人気の集中する園は倍率が高く、入園願書を提出するにも夜中から並ばないといけないところもあるんですよ!!

都会だけではなく、田舎にもそのような幼稚園は存在します。恐ろしや・・・。

そのような理由から、どうしても行かせたい幼稚園がある人はプレ幼稚園へ通わせることが多いのです。

プレ幼稚園は簡単に2つのタイプに分かれる

ひとことでプレ幼稚園と言っても、園によって内容は結構違います。簡単にタイプ別にわけると、

  1. 母子同伴型のプレ幼稚園
  2. 母子分離型のプレ幼稚園

この2つになります。

母子同伴型のプレ幼稚園

保護者と子どもが一緒に園へ通うスタイル。週に1度、お遊戯をしたり工作をしたりします。未就園児教室と言った呼び方もします。

母子分離型のプレ幼稚園

子どもは保護者から離れて1人で園へ通います。他の園児たちとともに園バスに乗ることもできる所もあります。

ざっくりとこんなかんじです。1学期は母子同伴型で通い、入園の意志があるなら2学期からは母子分離型の保育が始まるところもあるそうですよ。

他には満3歳児クラスといって、3歳になったら入園可能なところもあります。

補足
0歳から未就園児教室が始まる園もあれば、 1歳代から母子分離型の教室を開いている幼稚園もあります。

うちがプレ幼稚園へ通わせた理由

我が家が息子をプレ幼稚園へ通わせた理由は3つあります。

発達が遅い我が子が成長できると思ったから

幼稚園で遊ぶ子供たち

これが一番大きな理由です。うちの子は赤ちゃんの頃から発達がゆっくりだったんですよね。市の発達相談にも通っていました。

特にことばが出てこず、周りの子がどんどんお話しできるようになる中でとても心配しました。

子育て支援センターへ足しげく通って刺激を与えてやっても結果はイマイチで。

それなら集団生活を送れば少しは話せるようになるのでは?という願いとともに通わせることにしました。

プレ幼稚園のおかげで、今ではおしゃべりです。ずっと話しています。(笑)

また偏食を直す(野菜嫌い)ことや協調性(一緒に歌を歌ったりじっとお話しを聞いたりすることが苦手)を高めるねらいもありました。

私(ママ)のため

上の子は男の子なんですが、2歳になるあたりから本当にやんちゃで。

子育て支援センターで遊ばせていてもお昼寝しないこともしばしば。もう乗り切れないと思いました。

一時保育にたまに預けるより、もう幼稚園へ行けるなら行って遊んでおいで、と。

第2子を妊娠したため

妊娠中

結果的になりますが、プレ幼稚園へ通うことが決定した後第2子を授かったのです。

妊娠・出産があったので、プレ幼稚園へ通わせていて本当に助かりました。お腹が大きな妊娠中はあまり遊んであげられないし、出産前後に保育園へ一時的に預けることも考えると通い慣れたプレ幼稚園で遊んできてくれた方がいいのかなと。

プレ幼稚園をいつから考えていたか?

幼稚園入園までの流れ図

1歳代から情報収集はしていました。というのも、子育て支援センターに通っているとどこの幼稚園へ通うか?という話題が出てきます。

そこでいろいろ聞いていると、プレ幼稚園へ通わせたいならどうやら1歳~2歳のうちにはもう動き出さないといけないらしい。

幼稚園なんてまだ先!と思っていたのに、早くから動き出さないと出遅れてしまうことにびっくりしました。

2歳になる年の秋には願書を提出し、無事プレ幼稚園へ通う権利を得ました。

注意
願書提出の時期は幼稚園によって異なるので、見学や園へ問い合わせ時に聞いてみて下さい。

実際にプレ幼稚園へ通ってみて感じたメリットとデメリット

実際にプレ幼稚園に通わせてみて、私が感じたメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

母の狙い通り?プレ幼稚園へ通うことは実際メリットだらけ!

できたと喜ぶ男の子

プレ幼稚園へ通わせたメリットはひとことで表すと全部狙い通りでした。

ことばもまわりのお友達のマネをしてどんどんしゃべれるようになっていったし、お弁当では野菜も含めて完食してくるようになりました。

緑の野菜、特にブロッコリーなんか絶対に食べなかったんですよ?でもお弁当なら食べてきてくれます。

sonic
話せるようになった今では、ブロッコリーあんまり入れないでと言われます。(笑)

他には仲良く遊ぶお友達もできました。今日は〇〇くんと遊んだ~!などと、クラスのお友達の名前をよく教えてくれますよ。入園前なら絶対に考えられなかったです。

あと、ママにとってありがたかったのは早くにオムツが外れたことです。

保育園組だと保育園でトイトレをしてくれるという話も聞きますが、幼稚園組だと入園前までにオムツを外しておこう!というのが一般的なトイトレの目標ですね。(実際に外れるかどうかは別として)

入園時にオムツが外れていない子でも幼稚園へ通いだしたら急にオムツがはずれた!という子は多いもの。しかし中には幼稚園の方針で、入園前までにオムツを外してくるように!というところもあるようです。

そのようなことからも、年少さんとして入園するまでのプレの1年間でオムツを外せたことは本当にラッキーでした。

だって、我が子は発達がゆっくりなので年少さん入園までとれないかも、と当初思っていたんですよ?それでも意外や意外、1ヶ月ほどのトレーニングで早々にオムツをはずせたのです。(ただし昼のみ・夜はオムツ)

関連記事:発達が遅い子のトイトレ【記録編】入園前までにオムツを完全卒業!

発達が遅い子のトイトレ【記録編】入園前までにオムツを完全卒業!

2018.05.26

幼稚園の先生の指導のおかげやまわりのお友達の影響でしょう。そのトイトレ期間はもちろん家でも頑張りましたが、もっと苦戦すると思っていたので本当に親としては助かりました。もう、これだけで月謝払っている価値もあると思います。(笑)

以上プレ幼稚園へ通わせるメリットをまとめると、年少に進級させても大丈夫な状態までに(いろいろ)発達が追いついたことがメリットだと感じました。

唯一感じたデメリット

幼稚園代がきついというイメージ図

正直、保育料の支払いがきつい・・・。

うちの園では、プレ幼稚園の月額保育料は年少さんより数千円高いくらいの値段です。それに加え延長保育に預けるなら延長保育料などもかかってきます。

せっかくお金を貯めやすいゴールデン期間(いわゆる未就園児時代)なのに、(年少で入園させると考えて)そのゴールデン期間が1年短くなってしまいます。

例えばプレ幼稚園の保育料が月額3万円だとしたら、
3万円×12ヶ月=36万円

どうですか?結構大きいな金額でしょう?これに加えて、給食があるところは給食費、スクールバスや延長保育を利用する場合はそれらの費用もかかります。

あと、プレ幼稚園でも指定の制服を着る場合。制服代って高いんですよね~おさがりがあればいいですけど、なければ買い揃えないといけません。

プレ幼稚園って2歳~3歳の年齢で入園することが多いから、その後年中や年長さんあたりになる前に絶対にサイズアウトするしww

特にプレ幼稚園はまだ正式な入園ではないので(※法律で満3歳にならなければ幼稚園児ではないのです)保育料の補助金も受け取れません。

(ただし満3歳児保育など、3歳の誕生日を迎えれば補助金はもらえます。)

うちはそもそも赤ちゃんの頃からプレ幼稚園に通わせようと考えていたワケではありません。したがって、保育料は事前に貯めていなかったので毎月の支払いは大変!

特に私立幼稚園は自治体から保育料の補助金もあるのですが、後からしかもらえないので最初は自分で払わないといけません。

今後幼稚園への入園を考えているなら、早くから毎月コツコツ積み立てしておくべき!です。

追記

2019年10月の消費税増税に合わせて、幼児教育無償化が始まります!(予定)

つまりプレ幼稚園生でも満3歳を迎えた子は保育料無料の対象になるようです!

詳しくはこちらの記事で解説しております。

関連記事:【最新版】幼児教育無償化のニュースを分かりやすく解説します

【最新版】幼児教育無償化のニュースを分かりやすく解説します(2018年12月更新)

2018.06.13

プレ幼稚園へ通わせるのはかわいそうなのか?

おばあさんに入園について言われる

私は専業主婦なので当然ですが働いていません。だから保育園へは預けられません。(一時保育を除く。)

でも働いていないからこそ、家で子どもの面倒をみようと思えばできます。むしろ、それが普通ですよね。

働きにでるわけでもないのに、子どもを預けるなんてかわいそう・・・という声も実際に聞きました。

特に親世代ではプレ幼稚園なんて制度もなかったので、なおさらですよね?

でも実際通わせてみると、家では経験させられないようなことも幼稚園ではやってくれるので本当によかったなと思います。

さらに保育園へ早くから預けられている子もいますが、かわいそうではないですよね?幼稚園だからかわいそう、なんてことはないです。

よって、私の場合はこういった批判の声は聞き流していました。(笑)

まとめ

幼稚園児

いかがでしたか?地域や幼稚園によっていろいろなタイプに分かれるプレ幼稚園ですが、今回はがっつり通う形になる母子分離型のプレ幼稚園に通わせたリアルな体験談をご紹介しました。

うちが選んだ幼稚園は子に合っていたみたいで、毎日楽しく通っています。ただし保育料が家計を圧迫するのがつらいところではありますが。

今後プレ幼稚園へ通わせることを検討している方の参考になれば嬉しいです。

\プレ幼稚園についてはこちらの記事もどうぞ/

プレ幼稚園児のお弁当って何持っていく?偏食ありの3歳児のお弁当を公開します。

2018.03.23

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村


【1ヶ月相談し放題】保険の見直し相談サービス受付中

家計見直し相談室

保険の見直し相談サービスをはじめました。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。(ご応募はもちろんママ以外でもOK)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください