家計相談30分延長キャンペーンは9月末まで!お申し込みはこちら≫

「大学では奨学金を借りた方が本気で勉強する」は本当か?検証してみた

sonic

sonic

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのsonicです。ちなみに私は奨学金を借りていました。

ところで、奨学金の返済が滞ってブラックリストに載る若者が増えているというニュースはご存知ですか?

子どもの教育費(大学進学資金)は、学資保険や積立投資などで準備している方が多いかと思いますが、

ちょっとだいぶ足りないかも?

という場合は奨学金の利用も考えなくてはなりません。

ではこういったケースはどうでしょう?

あえて奨学金を借りて大学へ行った方が、よく勉強するのでは?

今回はこういったケースについて、某国立大の文系学部を卒業した私の黒歴史実体験を踏まえながら考えていきたいと思います。

奨学金を借りて大学へ進学した実体験を語る

奨学金

奨学金を借りたものの、本気で勉強してこなかった残念な大学時代

突然ですが、ここで懺悔させていただきます。

sonic

sonic

奨学金を借りて進学しましたが、勉強はさほど頑張らず。ごめんなさいっ!!

学生時代の私は、日本学生支援機構の第2種奨学金を借りて大学へ進学したものの、正直まったく勉強していませんでした。

もちろん卒業時の単位取得はほんとギリギリでした(汗)

日本で借りられる奨学金の1つ。ちなみに「無利子」で借りられる第1種奨学金と「有利子」で借りられる第2種奨学金があります。

sonic

sonic

今となっては、もっと頑張っておけば良かったなーって思います、はい。

受験勉強が大変だったんで「入学後に燃え尽きちゃった」という言い訳を残しておきますね(苦笑)

いやいや、大学入学時には卒業後のビジョンを描いて入学したんですよ!?

しかし、その進路は早々に撤回(汗)

まあ就職活動の時期になったらそれなりに頑張ればいいやー、とアルバイト三昧の日々でした。その結果、勉強はサボリまくっていたおかげで成績は低空飛行。

単位ギリギリでなんとか4年ストレートで卒業できたのはいいものの、就職活動はそれはもう大変でした(汗)

sonic

sonic

授業料が安い国立大に入る!と意気込んでいたのはいいもの、車1台買えるような奨学金を背負ってまで得たものは果たしてあったかなー?と今は思います。

大学卒業後に奨学金の返済スタート

大学卒業後、無事に就職できた会社で働き始めました。でも、奨学金の返済ってすぐに返済は始まらないんですよね。

10月から返済が開始されます。そして社会人2年目からは、住民税が引かれ始めるという。

スケジュールはこんなかんじ(↓)

新社会人手取りが少なくなる原因

最初は昇給なんてしないですからね。どんどん手元に残るお金が減っていく!はい、その時にようやく悟りました。

これが、奨学金=借金ということか!!

sonic

sonic

気付くのが遅すぎました…。

大学時代には気づけなかったこと

わざわざ学費の安い国立大を志望したところまでは考えていたはずなんですが、正直、奨学金=借金という意識は低かったと言わざるをえません。

このことに気づけなかったのが、今では本当に悔やまれます。

sonic

sonic

このままじゃダメだ!って思って、お金のことを勉強し、ファイナンシャルプランナーの資格を取ったんですよ。

もちろん中にはちゃんと「奨学金=借金」という意識をもって借りている学生さんも多くいることは確かです。

でも、大学生って周りに流されやすいんですよ。遊んだり部活やサークルしたりアルバイトをしたり…正直、心当たりある!って方いますよね?

そんな私の過去からも、自分の子供に対しては「奨学金の意味」や「莫大な学費を払ってまで大学へ行く意味」を伝えていかなければならないなと考えています。

sonic

sonic

親を反面教師にして育ってくれーーー!!!

【結論】「奨学金を利用すれば勉強する」とは限らない!

奨学金利用についての結論

私の結論はこちら(↓)

結論
「奨学金を借りるとやる気になる」は、期待しない方が良い

ということで、安易に奨学金に頼ることなく、本当に大学へ進学する意味はあるのか?を子供に考えさせることが重要だなと思います。

sonic

sonic

大学卒業時点で何百万円の借金とか、過酷すぎるでしょ!!

奨学金を使わないで、子どもにやる気を出させるためには?

ところで、子どもに勉強のやる気を出させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

ありきたりな答えで恐縮ですが、私はとにかく子どもにとことん考えさせることだと考えています。

  • なぜ大学に行くのか?
  • どのような勉強をするのか?
  • 学費はいくらかかるの?ひとり暮らしをするとしたら生活費は?
  • 卒業後の進路は?
  • 将来はどのくらいの年収になって、どのくらいの税金を払うのか?

迷っているくらいなら、むしろ1年や2年くらい迷わせてもいいだろうし。大学なんて絶対に行かなければならないところでもありません。

それと、日本ではお金の話ってなぜかよろしくないとされていますが、日頃から家計のこととか税金・経済のこととか家庭内で話題にすると良いですよね。

sonic

sonic

うちも子どもたちがもう少し大きくなったら金銭教育に力を入れていく予定です

まとめ

今回は「奨学金を借りた方が本気で勉強するのか?」について考えてみました。

私の結論は、大学の進学資金は奨学金ありきで考えるべきではない!と考えています。ま、本当にどうしようもなくなった時には利用すればいいと思いますけど。

今後は国公立大学の学費も大幅アップしそうですし、お子さんが小さいうちから大学の進学資金=奨学金と考えている人は、ちょっとプランを見直してみてもいいかもですね!

あわせて読みたい
教育費の貯め方に投資はアリか?我が家の積み立て方法を大公開

sonic

sonic

ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

難しいお金の話をわかりやすく伝えるべく活動中。普段は男の子と女の子の2児のママです。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

楽天ROOMではおすすめのアイテムや書籍を掲載しています。


楽天ROOM

カテゴリー:
関連記事