「大学では奨学金を借りた方が本気で勉強する」は本当か?検証してみた。

奨学金のアイキャッチ

こんにちは。sonic(@sonic_38)です。

奨学金の返済が滞ってブラックリストに載る若者が増えているというニュースはご存知ですか?

子どもの教育費(大学進学資金)は、学資保険や積立投資などで準備している方が多いかと思いますが、

お悩みの主婦
ちょっとだいぶ足りないかも?

という場合は奨学金の利用も考えなくてはなりません。

 

ではこういったケースはどうでしょう?

あえて奨学金を借りて大学へ行った方が、よく勉強するんじゃない?

今回はこういったケースについて、某国立大文系学部を卒業した私の黒歴史実体験を踏まえながら考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

奨学金を借りて大学へ進学した実体験を語る

奨学金

奨学金を借りたものの、本気で勉強してこなかった残念な大学時代

sonic
奨学金を借りて進学しましたが、勉強はさほど頑張らず。ごめんなさいw

はい、ここで懺悔します。日本学生支援機構の第2種奨学金を借りて大学へ進学したものの、勉強はそんなに頑張らなかった大学時代。

メモ
日本学生支援機構の奨学金は

  • 第1種奨学金:無利子
  • 第2種奨学金:有利子

となっています。

今となっては、もっと頑張っておけば良かったなーと思いますけどね。受験勉強が大変だったんで、入学後に燃え尽きちゃったのもあります。(という言い訳)

大学卒業後のビジョンもちゃんと描いて入学したんですよ!?しかし、その進路は早々に撤回。まあ就職活動の時期になったらそれなりに頑張ればいいやー、とアルバイト三昧の日々でした。

勉強はサボリまくっていたおかげで成績は低空飛行。単位ギリギリでなんとか4年ストレートで卒業できたのはいいものの、就職活動は大変でしたね。

授業料が安い国立大に入る!と意気込んでいたのはいいもの、車1台買えるような奨学金を背負ってまで得たものは果たしてあったかなー、と今は思います。

大学卒業後に返済スタート

大学卒業後、無事に就職できた会社で働き始めました。

奨学金の返済ってすぐに返済は始まらないんですよ。10月から返済が開始されます。

そして社会人2年目からは、住民税が引かれ始めるという。

スケジュールはこんなかんじ↓
新社会人手取りが少なくなる原因

最初は昇給なんてしないですからね。どんどん手元に残るお金が減っていく!!

これが、奨学金=借金ということか。

と、この時初めて実感しました。(遅)

大学時代には気づけなかったこと

学費の安い国立大を探して受験したところまでは、学費が安いところで最大のリターンを手に入れよう!というコストパフォーマンスを意識していたはずなんですが。

正直、奨学金=借金という意識はありませんでした。ごめんなさい。

このことに気づけなかったのが、今では本当に悔やまれます。(だからお金のことを勉強しようと思ってファイナンシャルプランナーの資格を取ったんですよ!)

中にはちゃんと奨学金=借金という意識がある人もいますよ!

でも、大学生って周りに流されやすいんですよね。遊んだり部活やサークルしたりアルバイトをしたり・・・

【結論】奨学金を利用すれば勉強する・・・とは限らない!

奨学金利用についての結論

私の結論は、

子どもに奨学金を利用させればやる気になって勉強してくれるのではないか?という期待をするのは

やめた方がいいです。

奨学金という手段ではなく、他の面から子どもにはマネー教育をしていくべきだと考えています。

奨学金を使わないで、子どもにやる気を出させるためには?

奨学金を利用しないで、子どもに勉強のやる気を出させるためにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、とにかく子どもにとことん考えさせることだと思います。

  • なぜ大学に行くのか?
  • どのような勉強をするのか?
  • 学費はいくらかかるの?ひとり暮らしをするとしたら生活費は?
  • 卒業後の進路は?
  • 将来はどのくらいの年収になって、どのくらいの税金を払うのか?

迷っているくらいなら、むしろ1年や2年くらい迷わせてもいいだろうし。大学なんて絶対に行かなければならないところでもありません。

日本ではお金の話はなんだかタブー扱いされていますが、日頃から家計のこととか税金・経済のこととか家庭内で話題にすると良いですね。

うちも子どもたちがもう少し大きくなったら金銭教育に力を入れていく予定です。

まとめ

今回は「奨学金を借りた方が本気で勉強するのか?」について考えてみました。

私の結論は、大学の進学資金は奨学金ありきで考えるべきではない!と考えています。本当にどうしようもなくなった時にだけ利用するべし。

今後は国公立大学の学費も大幅アップしそうですし、お子さんが小さいうちから大学の進学資金=奨学金と考えている人は、ちょっとプランを見直してみましょうね!

 

\子供の教育費が心配な方におすすめ/

 

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2014年4月~15年3月生まれの子へ
にほんブログ村


保険見直し相談サービスはじめます!

家計見直し相談室

保険の見直し相談サービスを2018年10月9日にリリース予定です。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。(ご応募はもちろんママ以外でもOK)

サービス開始はLINE@をはじめ、このブログやtwitter等でお伝えします。お楽しみに♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください