確定申告で医療費控除をしよう!医療費の明細書を作成するやり方を説明します。

医療費控除

こんにちは。sonicです。

平成29年分の確定申告から、医療費控除を行う際「医療費控除の明細書」を作成すればよいことになりました。

今までは医療費の領収書を提出する必要がありましたが、これなら提出する必要がなくなったというわけですね。

注意
 提出はしなくてもいいですが、領収書は5年間保存しておいて下さい。提出を求められる場合があります。 詳しくはこちら

今回は、確定申告で医療費控除を行う際、医療費を集計するやり方をご紹介します。

スポンサーリンク

医療費の明細書を作成する。

まずは医療費の領収書を用意

医療費領収書
 1月1日~12月31日までの去年1年間の医療費の領収書を用意しましょう。

国税庁の確定申告のページはこちら

領収書は用意しましたか?これをもとに、確定申告のページから医療費集計フォームへ入力していきます。

医療費集計フォームへ入力

医療費集計フォームダウンロード画面

ここをクリックすると

集計フォームダウンロード画面

集計フォームをダウンロードできる場面になるので、ファイルをダウンロードしましょう。

集計フォーム画面
 このようなフォームが出るので、領収書を見ながら項目を入力していきます。終わったら保存して下さいね。

確定申告書類を作成

入力が終わったら、次は申告書類を作成します。

医療費控除にチェック

申告書類を作成する過程で、医療費控除の欄があるのでチェックを入れます。

他にも項目がある場合はチェックを入れて下さいね。(例えばふるさと納税をしたなら寄付金控除にもチェック)

ファイルを読み込む場面
 途中で先ほど作成した医療費集計フォームのデータを読み込むと、申告書に医療費控除の額が反映されます。

さらに医療費の明細書も自動的に作成されます。とても便利ですね!

医療費の明細書の完成

  これを印刷して、申告書と一緒に添付して提出して下さい。おつかれさまでした!

出産したママは要チェック!出産にかかわる費用はどう書けばいいの?

妊婦
 医療費の明細書を作成する際、右2行の欄ってどう書けばいいの?ってなりませんでしたか?

明細書の項目の説明

特に補てんされる金額があるとき。私も一瞬「?」ってなりました。 

「補てんされる保険金など」の欄ってどう書く?

ここでは出産の際にかかった医療費を例に挙げて説明していきますね。

(例)
・出産に費用が合計で50万円
・健康保険の組合から出産育児一時金42万円を受け取る。
 →実際に窓口で支払った額は8万円の場合

明細書の書き方
 「支払った医療費の額」は全額を記入

明細書の書き方
 となりの「生命保険や社会保険などで補てんされる金額」は

・出産育児一時金をもらったなら42万円(39万円の場合もあり)を記入
・帝王切開で手術になったから、加入している医療保険から給付金をもらった場合は給付金額を記入
このように考えればOKです。

これはOK?NG?

主婦が困っているイラスト

医療費と言っても含めていいものとダメなものがあります。
基本的に「診療や治療」ならOK、予防ならNGです。

子育て中のママが気になるところと言えば…

医療費控除に含めてもOK?NG?
・陣痛がきたのでタクシーを利用した時の交通費:OK
・出産時に里帰りした際の、里帰り先までの交通費:NG
・産後1ヶ月健診代:OK
・子供の予防接種代:NG
任意の予防接種って高額なので、含まれたらどんなにいいか…(泣)

でも予防接種は“予防”なので、医療費に含めることができないのです。残念。

他に私が気になったのはフッ素の塗布代です。

上の子は定期的に歯医者でフッ素塗布してもらっていますが、これは「予防」になるので含めることができませんでした。

ただし虫歯などがあってフッ素塗布も治療と認められれば医療費控除に含めることができる場合があります。

要するにケースバイケースなのです…。不明な場合は税務署に問い合わせてみて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?確定申告はめんどくさい…けど、払った税金が戻ってくる!と考えたら頑張れそうではないですか?

病院でもらった領収書ってすぐに捨ててしまうかもしれません。しかし、1年でどれだけ医療費がかかるか分からないので、

捨てずに保管しておいて下さいね!

にほんブログ村 子育てブログ 2017年4月~18年3月生まれの子へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください