楽天スーパーSALE開催中!ポイント最大44倍!

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって※追記あり

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって※追記あり
sonic

sonic

こんにちは!ファイナンシャルプランナーのsonicです。

現在、住宅ローン控除って最大で何年適用できるかご存知でしょうか?

10年?13年?

そう、消費税が10%に増税された2019年10月から最大で13年適用できることになったんです。

そう、13年に延長されたのは増税対策のためだったんですね。

だったのですが!!!

なんと2021年(令和3年)には10年に戻ってしまうんです。

sonic

sonic

って戻るの早いっ!!

ということで、ここ3年以内にマイホームを買おうかな?と考えている方の参考になれば幸いです。

新型コロナの影響により期限内の入居が難しい場合、入居期限を1年間延長し、2021年12月31日までとする特例ができました。(2020年4月30日の国会で成立済み)ちなみに「一定の要件」を満たす必要がありますので注意してください。

詳しくはこちらの記事(↓)で解説しています。

関連記事
【朗報】延長決定!住宅ローン控除を13年間適用できるのは2021年までOK

現行13年の住宅ローン控除は2021年(令和3年)には10年に戻ってしまう

はい、国税庁のサイトを確認したところ、しれっと記載されていました(↓)

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって-1
引用:国税庁

ん?

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって-2

oh…No…(´;ω;`)

ただ、住宅ローン控除の制度って「とりあえず今年も延長しておくか」なんですよ。

sonic

sonic

知ってましたか?

つまりこの住宅ローン控除の制度じたい「いつ廃止されてもおかしくない制度」なのです。

ということで、たとえ10年に短縮されたとしてもまだ制度が存続したことは喜んでもいいと思います。

住宅ローン控除を13年間適用するための具体的スケジュール

当然のことですが、2021年にマイホームを購入しても消費税は10%です。

それなら、住宅ローン控除を13年間適用したいですよね?

ということで、住宅ローン控除を最大13年間適用するための具体的なスケジュールはどう組んだらいいのか?考えてみましょう。

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって-3

住宅ローン控除を適用するにはいくつかの条件がありますが、ここでは以下の2つがポイントとなってきます。

  1. 引渡しから6ヶ月以内に入居すること
  2. その年の12月末まで引き続き居住していること

このことから、スケジュールを逆算していくと…

  • 2021年12月末までに入居する
  • 引渡しから入居までの期間はどれくらい?
  • マイホームの契約→引渡しまでの期間はどれくらい?

当然ですが、注文住宅の場合は土地探しにも時間がかかりますし、工事の契約をしてから建築の期間も数ヶ月は必要です。

建売住宅(分譲住宅)または中古物件(マンション・戸建て)はすでに建物はあるとはいえ、実際に売買の契約から引渡しまでにもある程度の期間は必要です。

sonic

sonic

我が家の場合(建売住宅を購入)申し込み→引渡しまで1ヶ月でした。ちなみにこの1ヶ月という期間はめちゃくちゃ早くて正直キツイです(汗)

申し込みまでに住宅ローンの事前審査は通しておいたのですが、実際に申し込みが決まった後に住宅ローンの本審査を受けなければなりません。

このスピードも重要で…

sonic

sonic

ネット銀行の住宅ローンは金利が安いのが魅力なんですが、審査が遅い場合もあるので注意してくださいね

審査が間に合わない、という理由で金利の低いネット銀行を利用できない!ということはあります。つまり、住宅ローンの選び方は「金利だけじゃない」ってことですね。

以上、話をまとめると

住宅ローン控除13年の適用を受けるには、スケジュールを逆算して考えよう!少なくとも秋頃には入居できるスケジュールを考えたい。

2022年(令和4年)以降の住宅ローン控除はどうなるの?

住宅ローン控除を10年間適用できるとされているのは、今のところ2021年12月末まで。

では、2022年(令和4年)以降の住宅ローン控除はどうなるの?と思った方もいるはず…

ですが、現段階(※執筆当時の2020年1月10日現在)ではまだわかっておりません。

  • 引き続き10年いけるのか?
  • それとも制度が改悪されるのか?
  • または制度自体廃止されるのか…??
sonic

sonic

わかりしだい、当ブログやインスタでお知らせしたいと思います!

特に「ここ3年以内くらいではマイホームの購入を検討している」という方はマイホームの購入を急いだ方がいいの?と不安になるかもしれません。

ですが、やはり資金的に無理をするのよくありません。

ってか、絶対にやってはいけません!!

まとまった貯金がないのにマイホームの購入に踏み切ると…それこそまさに住宅ローン破綻予備軍ですよ…

関連記事
これはNG!住宅ローンを組むときにやってしまいがちなこと

ただ、具体的にいくらぐらいの貯金があればマイホーム買っても大丈夫なの?というのは、ご家庭の状況によって異なります。

もし悩んだ場合にはぜひご相談ください。

╲ オンライン通話やLINEで相談OK /

ちなみにすまい給付金はどうなる?

【悲報】住宅ローン控除が2021年には13年→10年に短縮されるって-4

住宅ローン控除と合わせてチェックしておきたいのが「すまい給付金」です。

すまい給付金とは、消費税増税に伴う負担感を減らすための給付金のこと。ちなみに所得制限があります。

こちらすまい給付金も、とりあえず現段階では「2021年(令和3年)12月末までに入居完了」された方が対象とのことです。

まとめ

消費税が増税されてしまったけれど、やっぱりマイホームは欲しい!

うんうん、わかります…わかりますよ(´;ω;`)

マイホームの購入に向けて貯金したり家計を見直すのと同時に、

  • 住宅ローン控除
  • すまい給付金

などの制度もあわせてチェックしてみてくださいね!

「sonicの家計見直し相談室」では住宅ローンのことも相談できます

頭金を貯める間に金利アップするくらいなら、低金利のうちにマイホーム買うべき?-11

完全オンラインでご相談できるsonicの家計見直し相談室では、住宅ローンのこともご相談OKです。

  • 住宅ローンの返済がキツイけれど、どこを節約したらいいのな?
  • これからマイホームを考えているけれど、いくらぐらいならローンを組んでも大丈夫?

など、不動産やローン、保険などを一切販売しないファイナンシャルプランナーだからこそ、完全中立な立場からアドバイスさせていただきます。

ご相談料も1時間3,500円と破格のお値段で承っております。

ただ、この価格も破格であるため、いつまでこのお値段でご提供できるかわかりません。

そのため、どうぞおはやめにお申し込みください。

sonic

sonic

ファイナンシャルプランナー
住宅ローンアドバイザー

難しいお金の話をわかりやすく伝えるべく活動中。普段は男の子と女の子の2児のママです。

詳しいプロフィールはこちら
お問い合わせはこちら

楽天ROOMではおすすめのアイテムや書籍を掲載しています。


楽天ROOM

カテゴリー:
関連記事