住宅ローン控除が13年に延長!増税分が戻ってくるのは本当か?検証してみた

sonic
こんにちは!住宅ローンアドバイザーの資格をもつsonicです。

さて、消費税増税が始まりましたね…泣

しかーし!それと同時に、住宅ローン控除(減税)が10年→13年に延長されました(やったー!)

「増税後の方がマイホームをお得に購入できるのでは…?」と信じて待っていた方。

今日は最新の住宅ローン控除事情について、シミュレーションしてみましたよ。

「家計の見直し相談」やってます♡
住宅ローンのお悩み相談をはじめ、保険の見直しなど、自宅にいながらオンラインで相談OK!

ファイナンシャルプランナー×住宅ローンアドバイザーがあなたのお悩みにお答えします。



住宅ローン控除が10年→13年に延長されるってどういうこと?

マイホームの購入には、消費税がかかります。

正確にいうと土地にはかかりませんが、建物には消費税が課税されるのです。

ご存知のとおり、2019年10月からスタートしてしまった消費税増税。

消費税UPしたら誰もマイホーム買わなくなるだろwww

ということでしょうか?政府としては増税分を還元する政策として「住宅ローン控除を現行制度10年→13年に延長」することにしたのです。

住宅ローン控除とは?
住宅ローンを組んでマイホームを購入した場合、住宅ローンの年末残高×1%分の税金をキャッシュバックしてくれる制度のこと。

ただ、最初の10年間は従来の制度と同様に住宅ローンの年末残高×1%が還元されるのですが、最後の3年間は増税分=2%分のみのキャッシュバックとなっています。

つまり、増税分をチャラにするよ!という意味なんですね。

住宅ローン控除が13年に延長された場合の控除額をシミュレーションしてみた

でも、本当に増税分がプラスマイナス0になるのかな?って思いませんか。

sonic
もしくは、増税前よりお得にならないかな♡とかね。笑

というこで、住宅ローン控除が13年に延長された場合の控除額を「すまい給付金」公式サイトにてシミュレーションしてみましたよ!

ちなみにシミュレーションの前提条件はこちら↓

※クリックで拡大します

※Aさんは架空の人物です。(ちなみに収入はずっと変わらないものと仮定します)

【従来の制度】住宅ローン控除10年の場合

8%適用の場合、控除額TOTALは259万円になりました。

sonic
ちなみに、このAさんの年間所得税はおよそ10万円ほどですので、所得税から控除しきれない部分は住民税からも控除されています。(つまりめっちゃ節税になってる)

【2019年10月より】住宅ローン控除13年の場合

10%適用の場合、控除額TOTALは308.98万円になりました。

sonic
住宅ローン控除の途中で繰り上げ返済してしまうと、(年末残高が減って)住宅ローン控除を最大限に生かしきれないこともあるので注意!

【検証結果】住宅ローン控除額を比較してみると、増税分がキャッシュバックになっていた!

  控除額TOTAL 購入価格(建物)
8%の場合 259万円 2,700万円
10%の場合 308.98万円 2,750万円
差額 49.98万円 50万円

(49.98万円)-(50万円)=▲200円

つまり、ちょうど増税分が(ほぼ)ぴったり還元されていました!!

ちなみに差額200円は誤差の範囲だと思います…

消費税増税後のマイホーム購入でプラスとなる点「すまい給付金の拡充」

消費税増税があっても、住宅ローン控除の延長でプラスマイナス0

…むしろ、プラスマイナス「プラス」になることってあるんでしょうか?

sonic
安心してください。ありますよ(ニヤリ)

その1つが、すまい給付金です。

すまい給付金とは?
消費税増税にともなって、負担軽減のために導入された制度。

ちなみに所得制限があります。

このすまい給付金ですが、消費税が8%→10%にupするにともない、対象者や給付金額がupするのです。

Aさん
実は、僕も10万円→40万円にupするそうですよ(やったー!)

つまりAさんが消費税増税後にマイホームを購入する場合

  • 住宅ローン控除で増税分はプラスマイナス(ほぼ)ゼロ
  • すまい給付金では+30万円

となることがわかりました。

消費税増税後にマイホーム購入する場合の注意点

ただ、純粋に+30万円になるのか?といえば、そうではありません…。

sonic
世の中そんなに甘くはないよね…泣

マイホームの購入には、いろいろとお金がかかるんです。

例えば、住宅ローンを組むだけで借り入れ先の金融機関へ支払う事務手数料がかかります。

もちろん消費税がかかります。

司法書士へ登記を代行してもらう場合には、代行手数料(司法書士への報酬)がかかります。

もちろん消費税がかかります。

その他にも、家具や家電、インテリアなども買い揃えますよね。

はい、もちろん消費税がかかりますーーーーー!!!

なんてこった…

sonic
ちなみにうちがマイホームを購入したときに、地味に痛かったのがカーテン代でした。

マイホームはなにも引渡しがゴールではありません。これからも長く住んでいくことになるので、固定資産税や修繕費など、マイホームに関する出費が続きます。

そこで、購入時の負担を少しでも小さくするためにも、抑えられる出費はできるだけ節約しておくという点がポイント!

たとえば、保険料の支払いが大きい「火災保険」の選び方もきちんと比較して決めることが節約につながったりする場合もあります。

しかし、火災保険はハウスメーカーや不動産屋さん、そして銀行から提携先の保険会社を紹介され、勧められるがままに加入してしまう人が多いという事実も…。

火災保険ってどれも同じように見えるけれど、実は違いもあったりするので、必ず比較して決めることが重要です。

(※ちなみに火災保険に付帯して加入できる地震保険については、どこの保険会社から加入しても同じです)

火災保険の決め方について、こちらの記事で詳しく解説していますので、よかったらご覧ください。

「地震保険って意味ない?」→むしろ上乗せの補償が必要です【火災保険の選び方】①

「地震保険って意味ない?」→むしろ上乗せの補償が必要です【火災保険の選び方】

2019年6月18日

まとめ「住宅ローン控除の3年延長では増税分が戻ってくるのは本当」

今回検証した結果、消費税増税によって負担増となった分は住宅ローン控除によって戻ってくることがわかりました。

しかし、この住宅ローン控除も確定申告年末調整(会社員の場合で2年目以降)しなければ利用できません。

さらに、住宅ローン控除の適用期間中に繰り上げ返済を頑張りすぎると、住宅ローンの年末残高が減り、結果住宅ローン控除の還付額が減る可能性もあります。

sonic
そのため、住宅ローンの繰り上げ返済は慎重に行った方がいいですね!

あなたも「家計の見直し相談室」で相談してみませんか?

sonicの家計見直し相談室」では、住宅ローンの相談をはじめ

  • 保険の見直し相談
  • 転勤族のお悩み相談(ライフプランのお悩みなど)

などを承っております。

自宅にいながらご相談OK!有料相談というハードルを下げるために、なんと1時間3,500円という破格のお値段でご提供しております。

ただ正直、この先いつまでこのお値段でやっていけるかわかりません。

もしご興味ある方はお早めにお申し込みください。


保険の見直し相談受付中

保険の見直し相談サービスをはじめました。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。

また対面(オンライン)でのご相談も承ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください