【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?
sonic
こんにちは!ファイナンシャルプランナーのsonicです。

「もしものことがあったら不安だから、保険には入っておくべき」

こう考えていたけど、最近よく聞くのが「保険不要論」

え??いったいどっちが正解なの??

と思いますよね。また、いくら保険不要論が正しいとは思っても

ぶっちゃけ保険ナシは怖い…(←本音)

うんうん、わかりますその気持ち。

ただ、保険は高い買い物。時に数百万円を払うなんてこともありますよね?

そこで今回は

  • 我が家には保険が必要なの?
  • それとも不要なの?

をはっきりさせるために考え方を紹介します。これで一緒に保険への考え方をすっきりさせましょう♡

ちなみに、今回参考にさせていただいた本『保険会社の社員が家族にしか教えない”本当”の保険の選び方(著:都倉 健太)』を楽天ROOMのコレクションにてご紹介しております。

「ファイナンシャルプランナーのおすすめ本」というコレクションに入れていますので、ぜひチェックしてみてね♡

sonicの楽天ROOMはこちら

【図解】本当にその保険は必要なの?一発でわかる「考え方」の表

そもそも、あなたが「保険に入ろうかどうしようか?」悩んだときに行動するのって

「とりあえず保険屋さんに相談しに行くか!」←これじゃないですか?

カモ
それじゃあ保険屋さんのカモになるだけだよ

そうではなく、まずは基本方針を固めてから保険の相談をしにいくべきなのです。

基本方針…??

基本方針とはこれ↓

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?-1

参考:『保険会社の社員が家族にしか教えない”本当”の保険の選び方』より

  1. 万が一のときの損害が大きい・発生確率高い⇒保険は必要
  2. 万が一のときの損害が大きい・発生確率低い⇒保険には入っておいた方がいいよね
  3. 万が一のときの損害は小さい・発生確率高い⇒本当に必要?要検討
  4. 万が一のときの損害は小さい・発生確率低い⇒保険は不要 

例えば、「保険は不要」もしくは「本当に必要なのか?」要検討すべきなのに保険屋さんに相談しに行ってしまったら…

保険屋さん
保険に入っておいた方がいいですよ!(キリッ)

ほらね。こう言われるに決まっているじゃないですか?(そりゃ保険屋さんもボランティアじゃないんだし)

だから、その保険が

  • 本当に必要なのか?
  • 不要だけど入っておきたいだけなのか?

という基本方針を固めてから保険屋さんに相談しにいくべきなのです。

例1:生命保険の考え方は、まずは遺族年金を計算してから

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?-2

例えば生命保険(死亡保障)

生命保険って絶対に入っておくべき!と思ってはいませんか?

いや、そうじゃないんです…

例えば小さいお子さんがいるご家庭なら、遺族年金(遺族基礎年金や遺族厚生年金)をもらえたとしても万が一の生活費が足りないということはありえますよね?

それならば、例え発生確率が低いとしても「保険に入っておいた方がいいよね」ということになります。

じゃあ、反対にお子さんが巣立った後の老後は??

そう言われると、教育費もいらないし年金あるし…必要なのはお葬式代くらい??
sonic
お葬式代といっても、200万~250万円(全国平均)あれば足ります!もし老後にそれだけの費用を準備できたとしたら、老後に生命保険って必要なくなると思いませんか?

このように考えると、たとえ「今は生命保険が必要」となっても、その生命保険は終身保険である必要はないわけです。

定期保険(例:お子さんが巣立つまでとか)の掛け捨てで十分だと思いませんか?

例2:医療保険の考え方は、ケースバイケースで!

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?-3

医療保険の考え方は、ケースバイケースとなります。

特に医療保険については「保険不要論」も聞いたことあるのではないでしょうか?

sonic
基本的に私もその立場に賛成ですけどね!

まず、医療保険を考える際に外せないのは「高額療養費制度」を調べておくことです。

高額療養費制度については、こちらの記事でも詳しく解説しています

「医療保険は貯蓄型の方がおすすめですか?」独立系FPの無料保険相談

2019年10月5日

この高額療養費限度額の分を貯蓄から出せるのであれば、基本的に医療保険は不要。

もしあまり貯金もなく出せないのであれば、医療保険には入っておいた方がいいとなります。

付加給付もチェック!
ちなみに健康保険組合によっては、付加給付(ふかきゅうふ)の制度があるところもあります。

付加給付があると自己負担額がさらに下がるので、こちらもぜひチェックしてくださいね

既往歴のある場合の医療保険の考え方とは?

では、既往歴のある方の場合、医療保険の考え方は↑さきほどの考えにプラスしておきたいことがあります。

それは、今後も何かしら疾患にかかる・再発する可能性がある(かも?)ということ。

つまり、保険を使う可能性が高いということ。

特に既往歴がある方の場合、保険に入ることが難しくなります(審査が通らない)

それでも貯蓄があるならあえて保険に入る必要もないですが、すでに入っている保険があるならこのまま続ける方がリターンが大きくなるかも?という可能性も視野に入れて検討してみてもいいと思います。

sonic
とは言っても、やはり保険に入り過ぎな方が多いのも事実。例えば入院給付金の金額を1万円→5,000円に下げたり、不要な特約だけを解約したりといった方法も検討してみてはいかがでしょうか?

例3:自動車保険の考え方は「必須」でOK!ただし車両保険については要検討

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?-4

こちらは損害保険分野から「自動車保険」の考え方を紹介します。

まず、自動車保険の考え方ですが、基本的に対人・対物の賠償は無制限とすべきです。

sonic
だって、賠償額がいくらになるかわからないからですね。億万長者でない限り、対人・対物の賠償は無制限でOKです。

対人・対物の補償ではそんなに悩まないかもしれませんが、逆に悩むのが「車両保険」ではないでしょうか?

車両保険、つまり(自分の)車の補償ですね。ここは、さきほどの表に当てはめてみて考えればOK。

例えば

  • 車のローンが残っている方
  • 高級車に乗っている方
  • 車の運転技術に自信がない方

こういった方は、車両保険をつけておいてもいいと思います。(もしくは要検討)

逆に中古車などに乗っている方は、車両保険をつけなくても良いのではないでしょうか?

もし「保険は不要」ってなったらどうする?その場合の考え方とは?

【図解あり】本当に必要な保険がわかる!保険の考え方とは?-5

もし、この考え方に沿って「保険は不要」という結果になったとします。

それでも保険ナシは怖い(´;ω;`)

その場合は、保険に入ってもいいのではないでしょうか?それが安心をお金で買うってことです。

ただし、不安だからとついつい保険に入りすぎて、貯蓄が全然貯まっていない方。それでは本末転倒です。

だって、その(不安だからと思って)入っている保険が、いざとなれば使えないシーンって多いと思うんですよね。

sonic
例えば、入院はほんの数日だけであとはほぼ通院で治療するパターンね。せっかく医療保険に入っていても…ってなりますw

一番の保険は「現金

現金で払えないことに関しては「保険」でカバーする

これが保険貧乏にならない考え方であると思っています。

まとめ「保険屋さんに行く前に、まずは保険の考え方を固めてから!」

保険を見直したいと思った時に、すぐに保険屋さんに行ってはダメ。

まずは「保険の考え方を固めてから」がおすすめです。その際には、ぜひ今回ご紹介した保険の考え方を参考にしてみてくださいね。

もし、これでも悩む場合は保険の見直し相談を承っておりますので、ぜひご相談ください。

sonic
ちなみに私は保険などを一切売りませんので、安心してご相談くださいね

保険の見直し相談はこちら

sonicの家計見直し相談室へようこそ!

2018年10月6日

今回参考にした本はこちらです。生命保険や医療保険だけでなく、火災保険や自動車保険のことも詳しく解説されています。


sonicの家計見直し相談室

保険の見直しや住宅ローンへのアドバイス、転勤族のお悩み相談など家計の見直し相談を承っております。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。

また対面(オンライン)でのご相談もOK!