医療保険「60歳払込満了」がダメな理由とは?終身払いでOKです

sonic
ファイナンシャルプランナーのsonicです、こんにちは!

保険を売らないファイナンシャルプランナー(FP)が、世の中のイケてない保険に対してダメ出しをしていくこのコーナー。

今回のテーマは「医療保険の保険料払込期間」についてです。

ところであなたの加入している医療保険、保険料の払い込み期間を60歳払込満了(または65歳払込満了)に設定していませんか?

お悩み主婦
え、うちは60歳払込にしているけど、何か問題でもあるの?

いやいや…問題おおありです!!

そこで今回は、医療保険の保険料払込期間をなぜ60歳払込満了にしてはいけないのか?解説していきたいと思います。



今回の問題点「なぜ保険料の払い込み期間を60歳までにしてしまうのか?」

あなたは医療保険に入るとき、保険料払い込み期間をどうしたらいいのか?保険代理店のプランナーさんに相談したはず。

例えば終身型の医療保険で保険料の払い込み期間を設定する際、次の3択から選んだのではないでしょうか?

「終身型」の保険料払い込みパターン

  • 60歳払込満了
  • 65歳払込満了
  • 終身払い

※今回は終身型の医療保険について検討しています。更新型の医療保険はどうなの?という方、また別の記事で解説しますね。

さて、あなたが保険屋さんで保険の相談したときに、次のような提案を受けませんでしたか?

保険屋さん
会社を退職したら保険料を払うのも大変になるから、退職するまでの60歳にした方がいいですよ?
保険屋さん
年金生活が始まるまでに保険料を払い終えておくと安心ですよね。だから65歳にしたらどうですか?(60歳払込満了にするよりも保険料は安いですし。)

うーん、確かに言われてみればそうかもしれない…と思って契約された方はいるのではないでしょうか?

いやいや、そうじゃないんだって!!ということを全力で(笑)お伝えしますね。

60歳払込にした場合のメリット

sonic
まあ一応解説しておきますが(笑)60歳払込満了にメリットが全くないわけではありません。

60歳払込満了にした場合のメリットとは、退職後に医療保険料を支払う負担をなくして、保障内容を継続できるという、ズバリ「安心感」がありますね。

…はい、以上です。あ、もう終わっちゃった。(笑)

60歳払込にした場合のデメリット

デメリットは、終身払いでずっと保険料を払い続ける場合と比べて60歳払込満了にした方が保険料が高くなってしまうことです。

要するに保険料を前払いでさっさと払ってしまっているので、途中で保険の見直しをして保険を解約したり乗り換えてしまうとそれまで払った保険料がもったいないですよね。

答え「医療保険を見直すとしたら60歳払込満了は損するよ?それでもいいの?」

答えはカンタン。

あなたはこの先何十年と生きる中で、医療保険を乗り換える(または解約する)可能性はゼロなのでしょうか?

貯蓄が十分貯まったので医療保険はいらないなんて「絶対ありえない!」と言いきれますか?

60歳払込にしたのに途中で解約すると損します。なので最初から解約するのを見越して終身払いにしておくことをおすすめします。

医療保険はそもそも乗り換える(解約する)前提で入るべし

そもそも、あなたは今加入した医療保険を本当に老後でも続けるつもりでしょうか?

お悩み主婦
え?だって今入っておけば老後にも保障が続くし安心なんじゃないの?

確かに今の医療保険の保障内容が老後にも続くとしたら安心感があるかもしれません。

しかし、それは医療保険の内容があと何十年後でも時代遅れになっていなかったらの話。

保険料を頑張って60歳までに払い込んだとして「いざ医療保険を使おう!」となった場合、保障内容が全然合わなくて全然使いものにならんかった…となる可能性はあります。

例えば、今の医療保険のメジャーな主契約の内容は「入院したら日額〇〇円をお支払いいたします」というもの。

でも将来的には入院0日ですぐ退院!となる日もくるかもしれませんよね?

医療保険「60歳払込満了」がダメな理由とは?終身払いでOKです-2

あなたは入院しなくてもいいですよ。

sonic
さすがに入院することがなくならないとしても、今現在、入院期間がどんどん短期間になっていく傾向は実際にあります。

つまり、今「入院日額〇〇円」をもらえる医療保険に入っていたとしても将来的には使いものにならないかもしれないということ。

それだったら時代に合わせた保険に乗り換えていった方がいいよね!

もしくはなんにでも使える現金で用意しておいた方がいいよね!

ということになります。

老後はそもそも医療費の自己負担額が減る

人生のうち一番病院にかかる時期は老後です。

でも老後は仕事もリタイアして年金暮らし。現役時代と同じように医療費を払っていてはちょっと苦しいですよね。

そこで国の制度として、そもそも老後は医療費の自己負担額が少なく設定されているのです。

お悩み主婦
えー!そんなの知らなかった。

少子高齢化によって、正直この先の健康保険制度がどうなっていくかは私にもわかりません。

若い人(=現役世代)が少なくなってくるので、高齢者の自己負担額も上がるかもしれません。

でも私は、こういった自己負担額が少なくなるような制度は続くと思います。(※個人的な感想です)

sonic
まぁ自己負担額アップも考えて老後資金を貯めておくことは忘れずにやっておきたいですけどね!

現行制度のように、老後になると医療費の自己負担額が今の3割負担より下がるのであれば、医療保険は不要になるかもしれません。

もし医療保険が必要だったら、終身払いでコツコツ払い続けながら継続すればよし。

もしくは年金や退職金、貯蓄などの老後資金から払ってもOK。

わざわざ時代遅れのイケてない医療保険になっているかもしれないリスクをとる必要はありません。 ということで結論。

60歳払込満了がNGな理由
  1. 医療保険の変化に合わせて、そのつど見直していくべきだから。
  2. そもそも老後は医療費の自己負担額が下がるから。

以上のような理由から「医療保険の保険料払い込み期間は終身払いでOK」なのです。

すでに「60歳払込満了」で契約してしまった人はどうしたらいい?

お悩み主婦
うち、すでに60歳払込満了で契約しちゃって保険料の支払いも始まっています。その場合はどうしたらいいですか?

この記事を読んでいる方は、「もうすでに契約してしまったよ!(怒)」という方もいるかもしれないですよね? まぁ、落ち着いて。

お悩み主婦
いや、こんな話聞いていたら冷静でいられません。早く教えてっ!

まずは、その保険を本当に続けてもよいものなのか?冷静に判断しましょう。

保険料もったいないなー…いう気持ちはとりあえずおいといて

  1. このままの保険料を払い続けていった場合
  2. 保険を乗り換えた場合

この2つを比べて決められるといいですよ!

sonic
保険料がもったいないなーと思ったら解約もツライですよね。気持ちは分かります。

でもこの先、何十年保険料を払い続けた方がもっともったいなくないですか?

気づけた今が見直しのチャンスです。 本当にこの先も今の保険に入り続けて果たして得策なのか?今いちど冷静に判断した方がいいですね。

LINEでOK!保険の見直し相談を受付中です

LINEでOK。FPによる保険見直し相談受付中

こういった保険の相談ってどこでお願いしたらいいの?と探されている方へ。

自宅で気軽に相談できる保険の見直し相談を受付中です。保険代理店でおすすめされた保険のセカンドオピニオンとして利用するのも大歓迎。

LINEのチャット画面もしくは対面(オンライン)によるご相談になります。

詳しくはこちらをご覧ください。

保険の見直し相談へのお申し込みはこちら


保険の見直し相談受付中

保険の見直し相談サービスをはじめました。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。

また対面(オンライン)でのご相談も承ります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください