医療保険を見直したら1938円→240円に!三大疾病保険への乗り換え体験談

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話
sonic
こんにちは!ファイナンシャルプランナーのsonicです。

今日は、ファイナンシャルプランナーである私sonicがガチで医療保険を見直したら…

医療保険が1,938円→240円になった話

をご紹介します。

えっ!?240円??1ケタ違うんじゃない??

証拠はこちら↓

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-1

(注:夫婦2人分が記載されているので、1人分の保険料は240円/月です)

私としては極力ムダを省き、かつ必要な保障のみとなったこの保険に大満足♡

ただし、この保険があなたにも最適か?は別の話ですし、そもそもこの保険ですら必要ないという人もいます。

sonic
実際に私もこの保険に入ったとはいえ、この保険ですら卒業(解約)を目指してますwww

ということで、今回は実際に私の「医療保険の見直し事例」についてご紹介したいと思います。

免責事項
この記事では当該保険を勧めるワケでは決してございません。

ただの私の体験談です。

万が一損害を被られても私sonicは責任を一切負いかねますのでご了承ください。

あくまでも参考ということでどうぞ。

また、この保険に対するご質問は保険会社へお問い合わせください。(私からはお答えできかねます)

ちなみにこの情報は2019年11月執筆当時のものです。今回ご紹介した内容は今後変更される可能性もあります。

なぜ医療保険を乗り換えたのか?

保険の見直し相談を仕事としている私。

sonic
ファイナンシャルプランナーとして、皆さまの保険の見直しをお手伝いしております!

相談者様のお悩みにお答えつつ、常に私自身の保険も見直しをしていました。

ちなみに当時の私の状況はこんなかんじ↓

  • 高額療養費限度額があるので、毎月の自己負担額は計算できる
  • マイホームの購入が落ち着いたので、貯蓄を万が一の医療費に充てられる状況
  • でも長期治療となる可能性が高い三大疾病の保障はまだ必要と判断
  • 今後、妊娠・出産の予定なし

我が家はマイホームの購入が終わりましたので、資金的なバタバタはひとまず落ち着きました。

なので、貯蓄は万が一の医療費として充てられる状況です。

また、「切迫で入院」など比較的リスクが高いと言われている妊娠・出産

我が家は今後妊娠・出産の予定はないので、入院給付金や手術給付金が必要となる可能性は低いな、と。

(※まぁ年齢が若くても疾病にかかる可能性はあるものの、あくまでも確率の話です)

じゃあ、もう保険卒業でもいいんじゃない…??となるところなんですが、三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)となると、長期治療の可能性も出てくるし

現状、まだキツイ…!!(´;ω;`)

sonic
というくらいの貯蓄額です。察してください(笑)

でも、三大疾病の保険は正直イケてないのでコスパ悪いんだよなぁ…

…そうなんだ(苦笑)

それに、先進医療の保障はまだ残しておきたい…使う確率はものすごーーーく低いですけどね。

そんなときに、あるご相談者様から「この保険どう思います?」と聞かれてお答えした保険がこちら。

pal system(パルシステム)の団体三大疾病保険

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-2

実際のチラシより

パルシステムとは?
医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-3関東7都県+福島・新潟・山梨・静岡を対象エリアとする生協。(※一部配送対象外のエリアあり)

便利で安全な食材を玄関先まで届けてくれる宅配サービスは、特に小さいお子さんを子育て中のママにおすすめです。

離乳食に便利な裏ごし食材や小分けパックなども用意されているので、ぜひ試してみてね♡

アレルギー対応商品が自宅に届いて便利【生協の食材宅配サービス パルシステム】  

ここでパルシステムは対象エリア外じゃん…という方。他の解決方法についても書いていますので、どうぞ最後までご覧ください。

※今回の団体保険は、他地域のコープからも加入できるいわゆる「コープ共済」ではありません。

パルシステムの団体三大疾病保険のメリットとは?

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-4

パルシステムの団体三大疾病保険、何がメリットなのか?というと…

  • 保障内容が最低限
  • 保険料が安い(※ただし定期型なのでアップする)

それでは、この2つのメリットについて詳しく解説していきたいと思います!

パルシステムの三大疾病保険は保障内容が最低限

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-10

私は「基本コース」です(※実際のチラシより)

パルシステムの団体三大疾病保険は、

三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)になった場合に一時金がでる!

先進医療がついている!(一時金500万円)

そして…入院給付金日額〇〇円がついていない!

もう一度言いますよ?

入院給付金日額〇〇円がついていなーーーいっ!!!

sonic
これぞ私が求めていたやつ♡

ちなみになぜ入院給付金日額〇〇円が不要なのか?というと、理由は2つあります。

入院給付金が不要な理由
医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-5

  • 高額療養費制度があるから
  • 入院は短期間になる傾向があるから

毎月の医療費は高額療養費限度額を払えればいいので、毎月MAXでかかる医療費は計算できます。

もし個室代などで不足する場合は貯蓄から出せばいいだけのこと(※希望して個室を選んだ場合は個室代は自費です)

また入院は短期間で済む傾向があるので、入院給付金の保険もあまり意味がないよなぁ…と。

もちろんこの保険には入院給付金をつけられる「充実コース」もありますが、私には不要。

浮いた保険を貯蓄や投資に回して、保険が使えない事態に備えます。

sonic
一番使える保険は「現金」です。

パルシステムの団体三大疾病保険は、保険料が安い(※ただし定期更新型)

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-11

ちょっと見にくくてすいませんw(※実際のチラシより)

パルシステムの団体三大疾病保険のもう1つのメリットは、なんといっても

保険料が安い!!

特に入院給付金(←私がいらないって言っているやつ)がついていない「基本コース」は、

  • 30代前半で240円/月
  • 30代後半で360円/月

もちろん、三大疾病に罹患する確率が上がる高齢時期となると当然、保険を使う確率は上がります。

つまり、高齢時期には保険料が上がります。

老後の保障は欲しいので、保険料が上がるのはちょっと…

そういう方には、こういった定期更新型の保険は向いていません。

しかし、私はいつかこの保険ですら卒業を目指しています。つまり、老後の医療費は貯蓄(老後資金)でまかなう予定なので、

  • 現役世代ではできるだけ保険料の安い保険に入り、必要最低限の保障を用意
  • 浮いた保険料の分で老後資金を貯める

こういった方針で医療保険には加入しています。

sonic
そもそも毎月高い保険料を払っていると、貯蓄も貯まりにくいですよね…

パルシステムの団体三大疾病保険のデメリットとは?

最強の保険とも思えるパルシステムの団体三大疾病保険ですが、当然ながらデメリットもあります。

  1. がんの保障は2回目以降の給付条件が厳しい
  2. 心疾患の保障は急性心筋梗塞のみ

もしこの保険を検討している方は、必ずこのデメリットを考慮してくださいね。

1.がんの保障は、2回目以降の給付条件が厳しい

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-6

これはがん保険を探すときのポイントなんですが、2回目以降のがんの保障が厳しいのがデメリットです。

がんって再発する可能性があるじゃないですか?

なので、がんは再発した場合に備えて2回目以降の給付条件には注意して選ぶ必要があります。

たとえば一般的ながん保険はこんなかんじ↓

  • 1年で1回は給付(保険料が高い…)
  • 2年で1回は給付(2年以内に再発したらどうするの?)

よく考えてみたらわかることですが、再発しやすい状況(保険金を払う可能性が高い事象)に対して、ボンボン給付金を払っていたら…

保険会社はつぶれてしまいますwww

なので、

  • このがん保険、給付条件いいじゃん!→保険料高いw
  • このがん保険、保険料安いじゃん!→給付条件がよろしくないw

このような仕組みになっているということですね。

sonic
あなたが今入っているがんの保険も、今いちど給付条件を確認してみた方がいいですよ

ちなみに、このパルシステムの団体三大疾病保険の給付条件はこんなかんじですね↓

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-7

※クリックで拡大します。

がんについていえば、保険期間内(1年間)で再発したとか、1年経過してももとのがん(原発がん)が完治しないだとか、そういう場合は給付しませんよという内容です。

sonic
私はそれでもいいと判断して加入しました。「それじゃ意味ないじゃないか!」いう方は、この給付条件のような保険でない方がいいですね。

ただ、保険に入っていたから「治る」わけではないですからね。保険ができるのは「治療費の補填」だけです。

保険に入る意味を、今いちどよく考えてみていただきたいなと思います。

2.心疾患の保障は急性心筋梗塞のみ

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-8

心疾患とは心臓関係の病気ですね。

一般的な三大疾病の保険(または特約)は、心疾患をすべてカバーしているわけではなく、急性心筋梗塞のみとしている保険ばかり。

ごたぶんにもれず、このパルシステムの団体三大疾病保険も急性心筋梗塞のみなんです。

もちろん急性心筋梗塞に限定せず心疾患を幅広くカバーしている保険はあります。(その分、保険料は高いけどw)

もし急性心筋梗塞以外もカバーしたいとなれば、急性心筋梗塞に限らない保険を探すべきでしょう。

sonic
ただ私は致命的にやばい状態のみ(急性心筋梗塞)をカバーしたいので、この保険でいいなと思いました。

また、この団体三大疾病保険が他の保険と異なるところは、入院要件のハードルが低いところ。

急性心筋梗塞になったら、「その治療を目的として入院を開始」で給付されます。

でも、他の三大疾病保険(あるいは特約)では、急性心筋梗塞の給付要件が

  • 20日以上入院すること
  • 60日以上の労働を制限する状態が続くこと

このような支給要件となっていることも…。

本当にそんなに長く入院します??

その証拠に、厚生労働省によると入院期間は平均で21日だそうです。

平均なので21日よりも長く入院する場合もあれば、それより短期間で退院することもあるということ。

なので、できればこの入院要件のハードルが低い保険を選ばないと

せっかく保険に入っていたのに~~~!!!(´;ω;`)

となる可能性もなきにしもあらず。お気をつけください。

保険見直し前後で比較【Before→After】

では、私の医療保険乗り換え事例を公開します。

保険見直し前の保険「オリックスの新キュア」だった

私が入っていた医療保険はオリックスの新キュアでした。

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-9

このオリックスの新キュアで、長期入院した場合に備えていたわけです。(それと先進医療特約も)

以前は特約でがんの通院特約+がん一時金特約をつけていたのですが、「これはいらんな」ということで、入院給付金に絞りました。

sonic
ちなみに特約だけの解約も可能な場合があります!保険料が高くてお困りなら、ぜひ特約だけでも見直す価値あり!

ちなみに入院給付金+先進医療特約で、毎月の保険料は1,938円

安いと思うか高いと思うか?はあなたしだいですが、私はこれでも高い!と思いました。

でも、この保険は長期の入院には対応できるけど、長期の「通院治療」には対応できないんですね(がん通院特約は解約したからw)

高額療養費限度額で計算できるからこの入院給付金はいらないとはいえ

正直、長期の治療となった場合に高額療養費をMAX払い続ける状況になったとしたら正直キツイ…

sonic
あと、先進医療の特約は残したかったのです。(使う確率は低いけど)

そこでパルシステムの団体三大疾病保険に乗り換えました。

基本的に三大疾病保険はおすすめしない。

私は三大疾病保険に乗り換えたワケですが、

基本的に三大疾病保険はおすすめしません!!

な、なんだって!?自分は乗り換えたクセに(笑)

さきほど説明したとおり、三大疾病保険の給付ってあなたが思っている以上に支払われません条件が厳しいです。

それでも保険に入って安心を得たいなら入ればいいし、いやどうせ貯蓄カバーできるなら…と思うなら入らなくてOKということ。

今回私は毎月の保険料240円で、一時金100万円を受け取るという安心感を得られるなら、これはコスパが良いと判断したので入りました。

パルシステムの団体保険は、誰にでもおすすめではない

今回ご紹介させていただきましたパルシステムの団体三大疾病保険。

最強だけど、万能ではないんですね。

「???」ってなった方。すいません(笑)

それではここで、

  • この保険をおすすめできない方
  • 利用できない方の解決策

をご紹介したいと思います。

貯蓄がない人はまず「入院給付金」タイプの医療保険を検討すべき

このパルシステムの団体保険は、入院給付金がありません。

sonic
充実コースを選べばあるんですけど、それだと保険料は高くなるし、1日につき3,000円とちょっと中途半端ですよね。

ネットなどではよく「医療保険不要論」なんてあったりして、私も基本的に賛成なんですが…

高額療養費限度額を払うのですらキツイ方。つまり貯蓄があまりない方。

このような方は、とりあえず「医療保険 入院給付金〇〇円」というタイプのものに入っておけば、いざ入院した時でも安心かと。

それでもいつかは医療保険の卒業(解約)を目指して、まずは貯蓄を貯めるべきではあります。

老後もこの保険を続けたいなら、保険料は上がる

この保険は年齢とともに保険料が上がります。

つまり老後もこの保険を続けたいなら、トータルで払う保険料はあまり変わらない…か、あるいは逆に総支払額は多くなるか。

sonic
このへんはいつまで保険に入り続けるか?(=いつまで生きるか?)によって異なるので、一概には言えないんですけどね。

ということで、老後も保険を続けたいなら保険料が上がらない保険を検討すべきです。

高額療養費限度額を払える人は、この団体保険ですら必要ない

貯蓄が十分にあって高額療養費限度額は払えるという方は、この保険ですら必要ありません!

また、加入先の健康保険には「付加給付(ふかきゅうふ)」がある方。

付加給付とは?
医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-12

健康保険組合(健保)には、高額療養費限度額に加えて、さらに給付金を支給するところがあります。

この付加給付制度はすべての健保に存在するワケではありませんが、このありがたい制度を意外と知らない方もいらっしゃるので、ぜひ調べてみる価値ありですよ♡

エリア対象外の方:職場の団体保険に似たような保険があるかも?

このパルシステムは対象エリアが限られています。

うちも入りたかったけれど、エリア対象外だわ…という方。

実はお勤め先で加入できる団体保険があれば、もしかして似たような保険があるかもしれません。

この団体保険って、実は結構お宝保険もあったりします。

特に公務員の方はこういった団体保険があるはずなので、まずはそちらを探してみるのがベストかも?

sonic
このパルシステムの団体保険より、条件が良い保険もあるかもしれません…。

パルシステムの保険ってどうやったら入れるの?

うちもパルシステムの団体保険を検討してみようかな?と思われた方。

パルシステムの保険加入までの流れを説明したいと思います。

まずは、パルシステムの会員となる必要がある

この保険はパルシステムが契約者となり、組合員(またはその家族)が被保険者として加入する保険になります。

つまり、保険に入る前にパルシステムへ加入し組合員となる必要があるのです。

╲加入はこちら/

ちなみに生協なので、出資金を払う必要があります。(脱退する時には戻ってきます)

sonic
私はクレジットカードで払いました。

団体保険のみの加入もOK

加入が済むと、地域担当者の方から電話で連絡が入ります。

その際に配達の話をされますが、「団体保険にだけ入りたいです」とだけ伝えます。(※保険の加入だけでも大丈夫です、と言われました)

sonic
でも、パルシステムで注文できるものって品質が高くて人気なんですよね!特に「自宅まで配達で届くというシステム」は、特に小さいお子さんがいるご家庭にはおすすめですよ♡

この後、地域の保険担当者の方から連絡が入ります。

ここで注意点なのですが、この保険担当者の方に保険の内容を詳しく聞くことはできないとのこと。。。

な、なんで??
医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-13

これ、全部自分で読むのか…(※実際のチラシより)

契約の概要や補償の内容などは自分で読んで理解する必要があり、さらに詳しい内容を知りたい方は保険会社(パルシステムではなく、引受保険会社の方)へ問い合わせる必要があります。

組合員証が届く→証券が届く

さて、だいぶ日にちが経過したあと(←この時は保険の審査中)

ようやく届いた~!と思ったら、組合員証の方でした(笑)

その後、無事に保険証券が届き、年末調整の保険料控除に必要な書類もあわせて届いたのでした。

まとめ

なんども言いますが、これは私の保険乗り換え体験談であり、この保険があなたにもおすすめかどうか?はまた別問題です。

sonicは一切責任は負えませんので、その点はどうぞご了承ください。

ただ、このようなタイプの保険は

  • 「一般的な医療保険は不要だけど三大疾病の保障は欲しい」
  • 「医療保険を解約すると先進医療の保障がなくなるから不安」
  • 「貯蓄が貯まるまで、もう少し医療保険に入っていたい」

このような方には検討の余地があるかと思います。ぜひ参考になれば幸いです。

生協の宅配パルシステム

生協をインターネットで利用できます。安全・安心な商品を、ご自宅までお届け!
今すぐ加入申し込みへ!

資料請求でもOK!今なら人気の定番食材から一品プレゼントやってます。

sonicの家計見直し相談室では保険の見直しもOK

医療保険を見直したら1938円→240円に!最強の三大疾病保険に乗り換えた話-15

あなたのご家庭では保険料を毎月いくら払っていますか?

でも、

  • うちの保険料って高いのかな?
  • そもそもうちって保険は必要なの?

ってママ友とかに聞けないですよね。

sonicの家計見直し相談室ではそういった「そもそも保険が必要か?」「むしろ保険は不要か?」といった点から保険の見直しをさせていただいております。

これは保険を売らないFPだからこそ、完全中立な立場から回答ができるということ。

しかも、ご相談料は1時間3,500円と破格のお値段です!ただし、いつまでこの金額でやっていけるかはわかりません。

もし保険の見直しをしてみようかな?と思われた方はおはやめにお申し込みください。

有料相談へのお申し込みはこちら

sonicの家計見直し相談室へようこそ!

2018年10月6日

sonicの家計見直し相談室

保険の見直しや住宅ローンへのアドバイス、転勤族のお悩み相談など家計の見直し相談を承っております。

LINEでやりとりするので、仕事や子育てで忙しいママでも気軽にご相談できるようになっています。

また対面(オンライン)でのご相談もOK!