家計に関する記事を新サイトに移行中です

カメラをレンタルするならココ!おすすめのサービス3社を徹底比較してみました

一眼レフはきれいな写真を撮れますが、実際買うとなるとお値段もそこそこするので躊躇してしまうもの。

そんなときにおすすめしたいのが、カメラをレンタルするという方法です。

実際に「買う前に試してみたい」「イベントごとに借りられればOK」という理由で、最近カメラをレンタルする人も増えているんですよ!

そこで今回は、そんなカメラ初心者さんにもおすすめのカメラレンタルサービスを3つご紹介します。

当サイトのおすすめNo.1

カメラを借りる場合のレンタル会社の選び方

はじめに、レンタルサイトでカメラを借りるときに注意すべき点をまとめてみました。

チェックポイント
  • 取り扱いの多さ
  • レンタル料金
  • 届くまでの日数や送料
  • レンタルできる期間
  • 万が一、汚損・破損させてしまった場合の取り扱い

特にカメラは高額なものも多いです。万が一壊してしまったら、全額弁償しなければならないとなるとレンタルするより購入した方がマシですよね…(;’∀’)

そのため、万が一、汚損・破損させてしまった場合の取り扱いについては必ずチェックしておいてください。

その上で、おすすめのレンタル会社を3つご紹介させていただきます。

おすすめのカメラのレンタル会社を比較してみた

私がおすすめするカメラのレンタル会社は、こちらの3社です。

レンタル会社DMMいろいろレンタルRentio
シェアカメ
取り扱い数少ない多い不明
破損した場合安心レンタル対象なら無料自己負担額
最大2,000円まで
自己負担額
最大3,000円まで
送料・返送料無料無料無料
本人確認不要不要必要
レンタル期間2日~
月額プランあり
3泊4日~
月額プランあり
2泊3日~
11泊12日まで
支払い方法クレジットカードのみクレジットカード
後払い決済
Amazon pay
クレジットカード
後払い決済
詳細を見る詳細を見る詳細を見る

では、それぞれの会社について詳しく解説していきたいと思います。

人気サイト「DMMいろいろレンタル」は万が一の破損でも安心

一番おすすめのサイトは「DMMいろいろレンタル」です。

DMMの良いところは、万が一、汚損・破損してしまったとしても「安心保証付き」と記載されている商品なら修理費用は無料ということ。

他社が免責額を設定している中で、「修理費用は無料」というのはDMMの最大のメリットです。

また、事前にDMMの会員登録(無料)は必要となるものの、本人確認の必要はありません。

人気サイトゆえにレンタル中の商品も多いのがデメリットですが、もし希望の商品を借りられるようなら、DMMはおすすめです!

Rentioは支払い方法も多く、本人確認も不要

カメラだけでなく、家電など様々なものをレンタルできる、レンタル専門サイトRentio(レンティオ)

カメラの取り扱い数も多く、レンタルする際に本人確認の必要もなし!

最短のレンタル期間は3泊4日~と他の2社と比べてやや長いですが、万が一、汚損・破損してしまった場合の自己負担額も、最大で2,000円までしかかかりません。

支払い方法もクレジットカード以外に後払い決済やAmazon Payなども利用できるので、クレジットカード以外で払いたい方にはおすすめのサイトとなっています。

「シェアカメ」は付属品も充実していて、すぐに使える

カメラレンタル専門サイトの「シェアカメ」

こちらのサイトで借りたカメラには、オプションをつけなくても付属品が充実しており、すぐに使えるというメリットがあります。

実際に届いたセット内容

万が一、汚損・破損してしまった場合の自己負担額が最大3,000円と上記の2社よりは高いものの、それでもかなり良心的な設定ですよね(*^-^*)

また、シェアカメには利用シーン別のセットアイテムもあるので、初心者でカメラ選びに迷っているならおすすめのサイトです!

まとめ:カメラは買うより「借りる」時代へ

今回はおすすめのカメラレンタルサービスをご紹介させていただきました。

実際に私もカメラをレンタルするのって正直どうなの?と思っていましたが、意外にも簡単に借りられたのでとても満足しています♡

一眼レフって気になっていたけれど、購入はどうしようか迷っている…という場合は、ぜひ一度レンタルサービスを検討してみてくださいね!

関連記事